お問い合わせ

03-5913-7343

訪問看護・リハビリ

診療看護師のワンポイントレクチャー

2022年09月02日

Reha Labo Japanが東京都杉並区・中野区・町田市に展開する「リハラボ」は、「リハビリと看護の力で地域を支える」というコンセプトのもと『リハビリ専門デイサービス』と『訪問看護ステーション』を運営しています。

今回は「診療看護師のワンポイントレクチャー」をご紹介いたします!

皆さま、サルコペニアってご存知でしょうか?
サルコペニアとは、主に加齢により全身の筋肉量と筋力が自然低下し、身体能力が低下した状態と定義されており「加齢性筋肉減弱現象」とも呼ばれています。

その方の筋力はその方にとって足りているのかどうか?
活動レベル見るしかないのか?
もっと簡単に見れる指標はないのか?
そんなときにぴったりなチェック方法「指輪っかテスト」をご紹介させていただきます。


詳細は下記スライドをご参照ください。
初回介入で筋肉量を評価したり、転倒リスクをアセスメントしたり、これが改善することを目標に取り組んでみたり、取り入れ方は様々です。簡単にチェックできるので、ぜひ参考にしてみてください!

サルコペニア簡易チェック「指輪っかテスト」
<チェック方法>
① 両手の親指人差し指で輪っかを作る。
② ふくらはぎの一番太い部分のサイズを見る。

<結果>
・指輪っかで囲めないと、サルコペニアの可能性は低いです。
・指輪っかに隙間ができると、サルコペニアの可能性が高いです。

Search