お問い合わせ

03-5913-7343

訪問看護・リハビリ

リハラボ杉並・町田【訪問看護部門】理学療法士 細江

2023年03月18日

Reha Labo Japanが東京都杉並区・中野区・町田市に展開する「リハラボ」は、「リハビリと看護の力で地域を支える」というコンセプトのもと『リハビリ専門デイサービス』と『訪問看護ステーション』を運営しています。

こんにちは。中野富士見町、訪看勤務のPT細江と申します。ここ最近はスギ花粉が大量に飛散しておりスタッフや利用者ともに困っている方々も多いかと思います。

富士見町のスタッフでも、花粉症の症状で夜中に起きてしまったりといった声も聞きます。

私自身は今まで花粉症とは無縁の生活でしたが、とうとう今年から発症してしまい日々の訪問業務で目のかゆみや鼻水と格闘しながら過ごしています。

関東では現在がスギ花粉のピークで3月いっぱいは継続する予想みたいです。今回は花粉症の最新治療をテレビ番組で拝見したのでご紹介させて頂きます。(3/14放送のカズレーザーと学ぶ。)

現行の治療法では、症状を抑えるものであったり根治を目指す治療もあるようです。しかし、根治を目指す免疫療法ではワクチンエキスによっては反応しないものもあり2-3割の方は症状が改善しないみたいです。

そもそも花粉症の原因になるタンパク質は100以上もあり、患者ごとに異なる原因のアレルゲンがあると言われています。

そこでテーラーメイドワクチンという原因となる分子だけ投与するワクチンが研究されており、患者様ごとに効果的な形で治療できるというものです。

重度の花粉症でお悩みの方も今後の医療の進歩に期待しましょう!

また、食事によっても症状の緩和が期待されており、最近期待されている食材が『赤紫蘇』です!

赤紫蘇と聞いてもあまりゆかりはないですよね、、

ユカリ、?そう、ご飯のお供になるあのゆかりです(笑)

赤紫蘇には抗アレルギー作用があり漢方薬にも使われているとか。

ゆかりに関しては普段ご飯にかける量だけではあまり効果は期待できないみたいです^^;

サプリ等で効果的に摂取できるように研究をしているようです。

いずれにせよ根治を目指すには、長期間の治療が必要などデメリットもあります。

その為、今私たちができることは一般的な花粉対策(メガネやマスクを着用、凹凸の少ない衣類で花粉の付着を防ぎ屋内に持ち込まない)などwithコロナならぬwith花粉症で乗り切ることが大切ですね。

また、食生活や自律神経を乱す生活リズム、ストレスも原因と言われいるので生活習慣を見直し、規則正しい生活を送るのも当然大事です!(ブーメラン)

花粉症でお困りの方の一助となれば幸いです。

P.S.花粉症無縁の方はごめんなさい。

Search