お問い合わせ

03-5913-7343

訪問看護・リハビリ

【リハラボ杉並】訪問看護部門 佐藤管理者インタビュー

2022年10月17日

Reha Labo Japanが東京都杉並区・中野区・町田市に展開する「リハラボ」は、「リハビリと看護の力で地域を支える」というコンセプトのもと『リハビリ専門デイサービス』と『訪問看護ステーション』を運営しています。

今回は、10月より訪問看護部門 看護師のNEW管理者になった佐藤看護師のインタビューです!

①自己紹介、経歴を教えてください!

10月から管理者となりました、佐藤周美と申します。

訪問看護が好きで、もう10年以上訪問に従事しています。

訪問の魅力はお一人お一人に丁寧にかかわれること、自宅という、その方のテリトリーにいれて頂き、その方らしい生活の中で、生活時間の一部となり、寄り添い、一緒に変わっていけることと思っています。

②看護師管理者として今後の目標を教えてください!

今までもそうでしたが、皆で、良いチームで、楽しく訪問看護ができるように、スタッフと利用者様を大事にしていきたいと思っています。利用者様はもちろん、スタッフが辛くては何にもなりません。

良いチームと言っても色々考えられると思いますが、私が思っているのは、利用者様の立場に立ち、思いやりを持って気付け、仲間内でざっくばらんに色々話ができる、言いたいことがいえる、窮屈でない人間関係でしょうか。そのような中からいいアイデア、ケアも生まれると思います。

今のメンバーをとても信頼しています。今のメンバーと出来ると思っています。

リハラボが地域で信頼され、愛されるステーションになれるように、したいです。

それは良いチームにかかっていると思っています。

③リハラボのフットケアについて、今後の構想を教えてください!

フットケアはご希望の利用者様も次第に増えて、スタッフも熱心に学んで実施してくれております。

今後も学びながら、色々なケースがありますのでそれにチームとして対応できるようになりたいと考えています。私もまだまだ学び途中ですので、努力しながら、良いケアをできるようにしていきます。

Search